「太鼓なんかきらい」
小学校一年生で和太鼓を始めてから長い間そう思っていた。
自ら興味を持って始めた訳ではなかったし、実際にやってみてもそれほど楽しいとは思わなかった。
元々負けず嫌いな性格もあり、できないことを注意されるのが嫌でひどく反発していたのを今でも覚えている。
・・・いつからだろうか、和太鼓が楽しいと思うようになったのは。
思い返せばそれは、ある人物との出会いがあってからだと思う。

広島県にある鬼炎工房。
和太鼓総の所有する大桶太鼓の製作を手がけて下さった工房だ。
その長であった、故・迫政三氏との出会いは中学一年の夏頃だった。
大桶太鼓の製作を依頼する為、当時の総メンバー数名と共に広島まで向かった。
当時半ば仕方なく太鼓を続けていた僕は、迫氏の和太鼓に対する想い、そして自らの損得などは考えず、 職人として太鼓に魂を注ぐ迫氏の人柄を知り、強い感銘を受けたのだった。
今僕が演奏で使用している桶太鼓は、その当時に迫氏が僕のために魂を込めて製作して下さった物で、 僕にとって特別思い入れのある宝物だ。

「優しく、優しく、強く、優しく、強く、強く 音の感情を作って下さい」

桶太鼓と共に届いた手紙にはそう書かれていた。

それからというもの、僕の和太鼓に対する考えは大きく変わったのだった。
太鼓を打つことが楽しくなった。
ステージに立てることが嬉しくなった。
それまでただ面倒で辛いだけだった太鼓に楽しみを見つけさせて下さった迫氏は、感謝してもしきれない恩人である。
これからも、恩人への感謝の気持ちを忘れず、総の仲間と和太鼓を打ち続けていこうと思う。
最後に、僕の桶太鼓に刻まれている迫氏の言葉を。

この道 鼓の道 太鼓道
友と歩きし 太鼓道
我を信じて 太鼓道