「私と音楽♪」

小さい頃からいつも傍にあった音楽。
3歳からピアノを習い、学生時代は吹奏楽部で音楽をしていました。しかし、今思えば洋楽器ばかり・・・。
そんな私が初めて和太鼓に触れたのは小学生の頃、地域の盆踊りでの演奏でした。
夏休みの夜に自治会館に集合し、古タイヤで練習。
太鼓が少なくて、本番が近くなってやっと太鼓を使っての練習でした。
やぐらの上で打つのが嬉しくてしょうがなかった覚えが(笑)
ただそれ以来、和太鼓に触れる機会は無く…。(ピアノは続けていましたが。)

小学校から中学、高校と続けた吹奏学部、とくに高校では休みもなく、運動部並みに練習していました。
将来はオーケストラにでも入ろうかと考えていたあの頃…。
ところが!!とあるお祭りに行った時に久しぶりに和太鼓の演奏を見た瞬間、再び和太鼓の魅力にハマってしまった私。 「かっこいい!また和太鼓をやりたい!」と思い、その時声を掛けてもらったチームに入りました。
本番にも出させて頂きましたが、その頃は幼稚園に就職したばかりで結局両立できず、そのチームはやめることに。
その後は幼稚園での仕事を全力でやり、その中で和太鼓を取り入れてみたりしていました。
しかし、太鼓への思いは日々募り、「今度こそ、とことん和太鼓をやりたい!!」と幼稚園の仕事を辞めることにしました。

周りからはもちろん(?)止められました。
「仕事しながらやればいいんじゃない?仕事辞めちゃうのもったいないよ!」等、色々意見を頂きましたが、一度決心してしまった私に そんな意見は通用しませんでした(笑)
パソコンで和太鼓のチームをひたすら探し、そして目に止まったのが「和太鼓総」でした。
ホームページを見て惹きつけられ即行動、すぐに練習を見学させて貰ったことを今もよく覚えています。
とにかく雰囲気がとても良くて、一体感があり、みんな楽しそう♪♪
この中に入って一緒に太鼓を打ちたい!!と強く思い、その日に入団を決意したのでした。
入団当初は想像以上の練習で不安になる事もありましたが、今では上に上に行けるよう、どんな壁にぶち当たっても
とことん前へ進もう!と頑張っています。

「なんでそんなに和太鼓にハマったの?和太鼓って何が楽しいの?」
よくそんなことを聞かれますが、それが和太鼓の不思議な魅力!!
「ドレミファソラシド♪」音階のない和太鼓ですが、表現できる世界は無限です!