子どものころ、夏祭りといえばりんご飴やラムネに夢中で、盆踊りの太鼓の音の記憶すらない。
太鼓とは無縁にすくすくと育った私が、太鼓に出会ったのは30歳を過ぎてから。
あるチームの演奏を間近に見る機会があった。
その音圧と躍動感に圧倒され、心が躍った。
当時、子育てで一杯いっぱいだった私にとって、楽しそうに演奏する彼らは、別世界の人に思えた。

人生何が起こるか分からない

突然太鼓を習い始めた家族に誘われ、内心自分には向かないと思いながら撥を握った。
それからは驚きの連続だった。
夢中になってしまったのだ。
気の合う仲間と和太鼓総を作った。

そして、たくさんの仲間達と走り続けて今日がある。
一歩踏み出す勇気があれば、自分でも想像のつかない未来が開ける。
和太鼓総には、そんな可能性が一杯詰まっている。